どうしても消したいタトゥー

どうしてもタトゥーを消したい・・・悩んでいるあなた!その刺青消しましょう。 - 一番大事な病院選び

一番大事な病院選び

タトゥー除去を決めた時にどこで除去をするかは一番大事なポイントです。最近ではタトゥー・タトゥー除去専門店も増えてはいますが、衛生面や術後のケア、そして形成外科の知識などを考慮すると美容外科や形成外科の医療機関の方がいいです。
そしてタトゥー除去は病院側が自由に金額を設定できます。金額が安すぎるのも問題がありますが、かといって高いから安全、高度な技術を持っているという訳ではありません。
ネットでタトゥー除去を行っている医療機関を調べてHPを見てみると、多くの病院はメールでの相談を受け付けています。まずは最初に自分の気になる事を質問したり、除去方法や大まかな予算を聞くことができます。ただ病院を選ぶときは実際に対面のカウンセリングを受けてからにして下さい。なぜならタトゥー除去は非常に個人差が大きい施術になります。タトゥーの場所や柄や色、肌質など人それぞれ違うからです。カウンセリング時にその病院で過去に行われた施術の資料やビフォーアフターの写真を必ず見せてもらいましょう。たくさんの症例がある病院はタトゥー除去について熟練しているといえます。
htrsそして、もしレーザーではなく切除手術を考えている場合は縫合手術跡もケアしてくれる診療科を持っている病院を選ぶと一貫した治療が受けられます。
初回カウンセリングは無料の病院・クリニックが多いので是非複数の施設を回って相談した方がいいです。除去の方法や、それにかかる期間、費用そしてアフターケアーの事も最初に確認する事が重要です。骨は折れますが、後で後悔しない為にも最初の病院選びは慎重に行って下さい。

レーザーでタトゥー除去

タトゥーが入っている場所にレーザーを当ててタトゥーを焼失させる方法です、色素は分解されて体の外へ排出されます。肌への負担が軽く、痛みが比較的小さいです。そして傷跡を残したくない人にオススメの治療法です。
しかしデメリットもあります。まずはレーザーで除去できる色は黒・青・グレー系の色と決まっており、特殊な黄色や緑などの色は除去することが出来ません。そしてレーザーの治療では1回でタトゥー除去をすることはできません。2カ月から半年間の期間で数回に分けて治療を行わなければいけません。そしてレーザー照射後は色素沈着を防ぐために外出する時は必ず日焼け止めを塗る必要があります。
この方法は医師免許を持たないエステサロンやタトゥー除去専門店でも出来ます。しかし合併症や傷跡が火傷、ケロイド等の痕が残る可能性があるので、必ず医師のもとにレーザー治療を行って下さい。

皮膚切除でタトゥー除去

タトゥーが入っている部分の皮膚を切り取り、外科的技術で縫合する方法です。それほど広範囲でなければ一度の処置で、完全にタトゥーを消すことが出来ます。1回の治療で除去が出来れば、その後1〜2週間後に抜糸をして終了です。時間に余裕がない人やカラフルなタトゥー・タトゥーを入れている人におすすめです。タトゥー除去をお考えなら≪http://www.tattoo-removal-center.jp/≫こちらのサイトをご参考にしてください。
デメリットは手術中は麻酔を使うので痛みは感じませんが、術後に麻酔が切れると痛みを感じます。そして切除した部分の傷跡が残ってしまうという点です。もしこの傷跡が気になるのであれば術後の形成もしていかなければいけません。
治療後は身体のケアをしないと傷跡が悪化する可能性があります。また大きなタトゥー・刺青は数回に分けて行います。
タトゥーを入れて後悔をしている方、消すなら今です。できるだけ早めに消した方が良いですよ。

Copyright(C)2016 どうしても消したいタトゥー All Rights Reserved.